〇お知らせ〇
同じ内容をインスタグラム「不二聖心女子学院フィールド日記」(クリックするとインスタグラムのページが開きます)にも投稿しています。より高画質な写真を載せていますのでぜひフォローしてください。

フィールド日記

2024.04.16

ウラシマソウ

ウラシマソウが咲いています。花は仏炎苞と呼ばれる苞葉に包まれています。花には付属体と呼ばれるものがあり、その先端は糸状に伸びて地面まで達しています。和名は、この伸びた付属体の先端を浦島太郎の釣り竿に見立てたことによります。

"Urashima-Sou (ウラシマソウ)" plants are in bloom. Flowers are covered with a bract leaf that is called "Butsuen-Hou (仏炎苞)". The flowers have an appendage. The tip of their appendages grow like strings and reach to the ground. The name comes from the fact that the tip of the appendage reminds us of the fishing rod of Urashima Taro, who is the main character of a Japanese folk tale.

2024.04.16

ウラシマソウ

ウラシマソウが咲いています。花は仏炎苞と呼ばれる苞葉に包まれています。花には付属体と呼ばれるものがあり、その先端は糸状に伸びて地面まで達しています。和名は、この伸びた付属体の先端を浦島太郎の釣り竿に見立てたことによります。

"Urashima-Sou (ウラシマソウ)" plants are in bloom. Flowers are covered with a bract leaf that is called "Butsuen-Hou (仏炎苞)". The flowers have an appendage. The tip of their appendages grow like strings and reach to the ground. The name comes from the fact that the tip of the appendage reminds us of the fishing rod of Urashima Taro, who is the main character of a Japanese folk tale.

2024.04.12

シュンラン

 シュンランが咲いています。林床に生える野生のランの一種です。花を食用とするなど身近な蘭ですが、近年は人為的な採集などによって数を減らしています。不二聖心ではシカに食べられているようで、開花している個体は少ないです。

"Shunran (シュンラン)" plants are in bloom. They are an orchid that grows on the forest floor. Their flowers are edible. They used to be a common orchid, but these days the number of them is decreasing due to the increasing use by humans. On our campus, they seem to be eaten by deer, so we hardly ever see the ones blooming.

2024.04.09

ミツバアケビ

ミツバアケビが咲いています。和名は、1枚の葉が3個の小葉からなる3出複葉のアケビであることに由来します。果実は秋に熟し、果肉は甘く食用になります。また、地域によっては果実の皮の部分も食用とするようです。


"Mitsuba-Akebi (ミツバアケビ)" trees are in bloom. The name comes from the fact that their leaf consists of three leaflets and that they belong to the "Akebi (アケビ)" group. Their fruits ripen in fall and the flesh of them are sweet and edible. People in some regions eat the peels of the fruits.

2024.04.05

アオキ

 アオキが咲いています。樹林内によく見られる常緑低木です。和名は冬でも葉や茎が青々としていることに由来します。シカの食害を受けやすいらしく、不二聖心ではあまり多くありません。

"Aoki (アオキ)" trees are in bloom. They are evergreen shrubs that often grow in forests. The name comes from the fact that their leaves and stems are green even in winter. They are often eaten by deer,  and because of that they don't grow well on our campus.

2024.04.02

フサザクラ

フサザクラが咲いています。渓流沿いに多い落葉樹です。花は葉に先立って咲き、多数の暗紫色の雄しべが目立ちます。和名は、この花の咲く様子を桜に見立てたものと考えられます。花びらやがくはなく、原始的な植物の一種といわれています。





"Fusa-Zakura (フサザクラ)" trees are in bloom. They are deciduous trees that often grow along mountain streams. They bloom before spreading their leaves and their dark red stamens are outstanding. The name comes from the fact that their way of blooming seems to be that of cherry blossoms. They are considered as a primitive species because their flowers don't have their petals or sepals.

2024.03.29

ニッコウネコノメ

ニッコウネコノメが咲いています。しめった場所に生育する小型の多年草です。ネコノメソウのなかまは互いによく似ていますが、雄しべの個数や葯の色、がくの開き方などから見分けることができます。


"Nikko-Nekonome (ニッコウネコノメ)" plants are in bloom. They are small perennial plants growing at wet places. The species belonging to the "Nekonome-Sou (ネコノメソウ)" group look very similar to each other. You can tell this species from others by checking the number and color of its stamens and the way their sepals open.

2024.03.26

ミツマタ

ミツマタが咲いています。中国からヒマラヤが原産で、室町時代に渡来し、かつては和紙の原料として広く栽培されていました。現在でも日本の紙幣の原料として使われています。和名は、枝が3つに分かれることに由来しています。


"Mitsumata (ミツマタ)" trees are in bloom. They originally grow in the regions from China to Himalayan and finally came to Japan. People used to cultivate them for making paper. Japanese bills are made from this tree even today. The name comes from the fact that each new branch branches into three.

2024.03.22

コハコベ

 コハコベが咲いています。春の七草の一つで食用になります。また、ひよこなどの小鳥の餌として使われたことからひよこ草とも呼ばれています。花びらは5枚ですが、1枚の花びらが根元から深く2つに裂けているため、10枚あるように見えます。

"Ko-Hakobe (コハコベ)" plants are in bloom.  They are one of the Seven Japanese Spring Herbs and edible. They are also called "Hiyoko-Gusa," which means chickweed, because they are often feeded to little birds such as chicks. There are five petals, but each petal is split into two from its bottom, so the plants look as if they had ten petals.

2024.03.19

ホトケノザ

ホトケノザが咲いています。全国でよく見られるシソ科の越年草です。和名は、葉の形が、仏像の台座としてよく見られる蓮華座に似ていることが由来です。春の七草の一つに「ほとけのざ」がありますが、これは本種ではなくキク科のコオニタビラコを指しています。